お仕事・生活のなかで思うこと。特に欲求。実現できるように努力して、出来ないものは書くことで「できたつもり」になるブログ。


by koto-coto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

アチョー☆3段活用

選挙も終わったところで。

麻生さんを「アチョー☆たん」という息子。
(ホントはほぼ呼び捨てです。すみません)

先日「ハゲアチョー☆」は「アゲハチョウ」のことだとわかりました。

そして今回は「ブラブラアチョー☆」
なんとこれは「モンシロチョウ」でした。
「ブラブラ」と「モンシロ」
もはや1文字も共通していない。
[PR]
by koto-coto | 2009-08-31 23:48 | つれづれ

こども5人集まれば。

昨日は、娘の保育園のお友達とママ達とで集まり、
「気晴らしをしよう会」(勝手に命名)をしました。

うちの息子2歳、娘を含め4歳の女の子3人、6歳の男の子1人。
こどもが5人集まると、少子化なんてうそみたいです。

涙あり。笑いあり。ケンカもあり。の楽しい時間。
でも、保育園の先生に頭が下がる思いのひと時でした。
まだまだ、親同士のんびり語らいなんてムリ(>ω<、)

途中、女の子3人と息子でお風呂に。
バブルバスにして遊ばせると、とーってもかわいい景色でした。
おもわずそれぞれの親が写メ撮影。( ´艸`)

子ども同士、ちょっとしたケンカもあるけど、
それが返って安心するような、そんな思いでした。

またきてね~☆
[PR]
by koto-coto | 2009-08-22 16:09 | こども研究

子どものお片づけ

私はこども環境学会に所属しています。

すっきりセミナーでお世話になっている辰巳さんも
こども環境学会にいらっしゃることもあり、
その縁で、子ども達の片付け行動の研究に
参加させていただくことになりました。

先日は、その中間報告会があり、
共同で研究されている木村さんとも初めてお会いいたしました。
(こども環境学会の理事をされている保育のプロフェッショナルです)
これまでの保育園等でのフィールドワークの様子を
拝見したのですが、とても興味深いものでした。

園の保育方針によって、さまざまな「お片づけ」の方法があり、
そこにたどり着くまでには、先生方の試行錯誤があり。

今後は、フィールドワークにも同行させてもらい、
色々な立場の方たちの意見を伺い、勉強したいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koto-coto | 2009-08-18 13:37 | こども研究

料理教室

c0197682_16521318.jpg


先日、家づくりイベントでショールームの料理教室に参加してきました。
設計者としての参加だったので、お料理は気楽に眺めてよう♪なんて思っていましたが、
先生のスゴ技に引き込まれました~~。

はじまるや否や、

「どなたか、これを半分くらい入れて沸騰させてください。」

「こっちは、卵の黄身と白身をわけといてください。」

「あとは、あっちで生クリームをホイップしてきてください。」

と、見事な采配ぶり。

参加者はみな「あ、はい。」とそれぞれの作業に散っていく・・。
そして、とても楽しそうでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目指すは、先生みたいなお母さんだな。
5年後、子どもたちが強力な右腕になっているように、
早速鍛えよう!
と思ったのでした。

でも忍耐力が必要なんだけどね。
[PR]
by koto-coto | 2009-08-12 16:52 | つれづれ

樹木保存

c0197682_16504841.jpg


樹木を保存しようとの心意気。
ここまでくると、ただただ脱帽。

初心者進入禁止のファミレスです。
[PR]
by koto-coto | 2009-08-12 16:50 | つれづれ

CAFE

c0197682_16463170.jpg

[PR]
by koto-coto | 2009-08-12 16:46

ハゲアチョー☆

息子は麻生さんをアチョーと言う。
ハゲアチョー☆を繰り返す息子に
この時期に、なんてことを…!

と思ったら。
アゲハチョウのことだった。
[PR]
by koto-coto | 2009-08-12 11:54

トイレ怖い…

c0197682_14262976.jpg


屋根がとんがったトイレは、中の便器も手洗いもとんがっていました。

個室ブースの扉は半円形で、ボタンを押すと円弧の上を動いて、
円形の個室になる仕組み。(説明下手ですみません)

嫌な予感がしたけれど、ボタンを押したら、ガガガガーという音と一緒に、
2歳児息子が大号泣><

「おトイレ、こ~わ~い~~~」
[PR]
by koto-coto | 2009-08-10 14:26

静かなハイブリッド車

先日、新聞でこんな記事を見ました。
視覚障害をもつ方がハイブリッド車の走行音がどのくらい聞こえるか、
実際に調査をしていたものです。

そのちょっと前に家の前をハイブリッド車が通り、
その静かさには驚きました。
そして、うちの息子には危険だなぁ・・・と実感したのです。

家の前の道は、その先がカーブになっているのですが、
住宅地の一方通行の道(4m)なのに、
結構スピードを出して通る車もいます。
(↑こういうイキッた車を見るとカチンとくる)

最近は車の音で自分で注意するようになり、安心していました。

でも。
ハイブリッド車だったら、息子は間違いなく気づかない。
あぁ~~~。早くハイブリッド車に走行効果音がつかないかな。

しかも、ヤッターマンメカみたいだったら面白いけど。
[PR]
by koto-coto | 2009-08-08 18:24 | こども研究