お仕事・生活のなかで思うこと。特に欲求。実現できるように努力して、出来ないものは書くことで「できたつもり」になるブログ。


by koto-coto
カレンダー

<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

大声注意報。

子ども達の声について。
先日、家事塾のブログの記事を見て思ったことです。

私の気持ちの状態は子ども達の声の大きさになって返ってきます。
こちらが、家事にあわてていたり、なにか考え事をしていると、
2人の声がどんどん大きくなってきて、
余計に私がイライラしてしまう悪循環です。

まさに、辰巳さんご指摘の通り。

うーるーさーいー!
と、思ったら、まずは自分を振り返らねば。
と思うけど、そんなに大人ではないんですよね。反省。
子ども達の「いま」の思いを受け止められる度量をもてるように、
自分の心にもゆとりを持とうとおもいます。
それには、家のことに関しては「いい塩梅」で。
自分にとって適当なところを見つけていこうと思います。


そうそう。
2歳の息子の言葉もすっかり流暢になってきました。
大人びた言い回しがあったり、
言葉の抑揚なんかも、カチンとくる生意気さがあったり、
それはそれで楽しいのですが、ちょっと寂しくもある。
親ってつくづく勝手(笑)。
まだ、「さしすせそ」が「ちゃ・ち・ちゅ・ちぇ・ちょ」なのが救いです。

先日も保育園で
「ちゅーま、アンパンマンチョー見てきたんだ~」
とご報告してたちょうでちゅ。
あ、もちろん。
ダイワハウスは「ダイワハウチュ」でちゅ。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-30 10:29 | こども研究

ひさびさに発熱

久しぶりに発熱&全身倦怠感で1日休みました。

日曜の夕方、アンパンマンショーの後から体中が痛くなり、
早々に寝たのですが、月曜の朝38.5度。
しかも体がだるくて起きていられない。

関節の痛みにインフルエンザを覚悟したのですが、
病院での検査結果は陰性。ホッ。

今週は、今週だけは、
なんとしてでもこれ以上休めないのです。

幸い、今日は復活できました。
昨日は子ども達もすんごく素直で、
娘はお見舞いにとチョコを買ってきてくれ、
息子は頭をなでて背中をトントンしてくれて、
あ~、子どもを産んでおいてよかった~
と思ったのでした。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-29 16:09 | つれづれ

アンパンマンショー

c0197682_15573793.jpg


近所の「あらかわ遊園」に行ったら、
偶然アンパンマンショーをやっていました。
アンパンマンはもともとがぬいぐるみ的な
プロポーションなので、違和感なく見られていいです。

先日の5連休のときに、
これまた偶然プリキュアショーを見たのですが、
アニメのプロポーションとのギャップが激しく、
ちょっとばかり正視できません(すみません)。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-27 15:57 | つれづれ

明日館講座・終了!

すっきり暮らすための講座(2クール目)が終了しました。

ワークショップ形式のこの講座は、
いかに作業を通して、自分の気持ち(意識・無意識)に気づくか、
が重要な課程だと思います。

すっきり暮らす、シンプル生活、などをテーマにした書籍は
本当に、本当にたくさんでています。
すっきりできない人間だと思っていた私も、
ご多分に漏れず、いろいろと手元にあります。

どれも、「その通りでございます」と頭では理解しているつもり。
でも、それでも、やはり「自分のこと」として咀嚼できていない。
頭の中を通過していくけれど、身には残っていかない状態でした。

ワークショップを通して、自分の現況を分析したり、
言葉としてアウトプットすることで、
頭の中が整理され、「自分がやるべきこと」が見えてきます。
やはり、なにかしら手を動かすことが大切。

目を養い、手を練れ。

とは、著名な建築家・宮脇檀氏の設計指南のことば。
手は第2の脳とも言われる。
頭より先に手が動くように、軽やかな手でいたいなと思います。

講座の最後に、
「自分にとってのすっきりとは」
「明日からの自分は標語は」
を書き出してみました。

私の答えは、
「すっきりとは”自分が納得している”こと」
標語は、
「動かしてみると意外と簡単、動いているともっと簡単」

標語は、自己暗示みたいなものです。
暮らしの上手な循環は、まわすときにはちょっと力が要るけれど、
自分が思い込んでいるよりも、もっと「ちょっとしたこと」で回りはじめ、
回りだすと、予想以上に善い循環が生まれます。

その快感がわかりはじめた、今日この頃です。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-26 22:47 | すっきり暮らす研究

保育園の壁

「保育園にいかなーい!」

という息子に、
「何が嫌なの?」とちょっと意地悪な質問をしました。
「嫌」なのではなく、「家で遊びたい」のだとは
わかっているのですが。

そうしたら意外な答え。

「・・・・・・・壁。ちろい(しろい)壁。」

今の保育園は真っ白な、
商業施設のような外観です。
内部も「白」が基調です。

子どもの「住環境」としては
ちょっと白すぎないか?
と、思ったりしていたので・・・

適当に言ったにしては、
奥が深い答えに驚き(笑)。

結構、的を射ているような気もします。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-25 09:46 | こども研究

バースデー

c0197682_14421135.jpg

娘が5歳になりました。
偶然、8つ違いの従姉妹と同じ誕生日です。
今年は一日早く一緒にお祝いしました。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-22 14:42
娘の最近のハマリゴトはトランプです。

家でやると、娘がルールブック。

神経衰弱では、もちろん同じのが出るまでめくり続けます。

ババ抜きでは、私がババ以外を引こうとすると、
指先に力を入れて、絶対に抜かしてくれません。

そして、1枚だけ頭を出して妙にアピールしているのがババ。

大人な私は、
そこで空気を読んでババを引いてあげます。今のところ。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-19 16:25 | つれづれ

天パ同盟

子ども達は2人とも天然パーマです。

だからか、天然パーマの赤ちゃんを見かけると、
そっと応援したくなります。

娘はこんな感じ
c0197682_17292336.jpg


息子はこんな感じ
c0197682_17295657.jpg


どっちの時も石立鉄男氏(ってご存知?)とダブって見えていました。
しかも、どちらもモップの如く、ホコリがつきやすかったです。

くるくる部分の髪を切った今となっては、
その柔らかいさわり心地も味わえず。
ちょっと寂しい気持ちです。

あ、商店街なんかであうおばあちゃんは、決まって、
「天然なの?将来パーマ代かからなくていいね。」
とコメントをくれましたが・・・微妙。

いつの世もおばちゃんはパーマをかけるとは限らない。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-18 17:38 | つれづれ

土日が休みじゃない家族

c0197682_11304283.jpg


数日前の新聞で、ダンサー・振付家の近藤さんの記事がありました。
(東京新聞、9月13日)

私には、「からだであそぼ」「サラリーマンNEO」などの
独特の体操のイメージが強いのですが、
どちらも見ているだけでも何となく肩の力が抜けて、
とても好きな方です。

この記事の中に「土日が休みじゃない家族」のことが書いてありました。
近藤さんちも、土日が休みじゃない家族。
お子さんの小学校入学を機に、
「義務教育のしきたり」に不自由さ、大変さ、
などのストレスを感じているおられるようです。

「家族ともっといたい」「家族との時間を設けたい」との思いが強くても、
日曜日が休みじゃないと、ままならないですよね。

そして、世の中には「土日が休みじゃない家族」は結構多い。
制度と実情のアンバランスさは、我が家にとっても深刻です。

*************************************

我が家も土日が休みじゃない家族です。
家づくりの打ち合わせは、ほぼ土日に入りますから。
子ども達が保育園の今は、
土日に仕事が入ったりすると、金曜の夜から実家へ行き、
土日は祖父母に子ども達をお願いして仕事。
その代わり、月曜日をお休みにして家族での時間をとったりしています。

でも、あと1年半後には、娘が小学校に入学します。
そうすると、これまでのような作戦は使えなくなります。

ジリジリと迫り来る期限に焦りを感じながら、
今後どうやって仕事と家族の時間をコントロールしていくか、
迷いに迷っている、我が家です。。。。

*************************************

ちなみに、世帯比率で「土日が休みじゃない家族」はどの位いるんだろ?
「土日が休みの家族」を土日におもてなしするサービス業はもちろん、
私が知らないところでも、土日を支える仕事があるはず。

義務教育の制度にちょっと抜け道を作れないものか・・・。
なんてことを、新政権発足のニュースを聞きながら夢想しています。
[PR]
by koto-coto | 2009-09-17 11:30 | 家を楽しむ研究

VS 蚊  母親の執念

涼しくなるにつれて、蚊の勢いが増してきたような・・・。

飛び火になりやすい子ども達を守るべく、
蚊を振り払い、あちこちでパチン、パチンと殺気立っています。
(蚊取り線香も欠かせない)

でも、蚊の方も母親の本能として子孫を残すべく
まさに命がけなのですよねぇ。

退治に躍起になりながらも、
妙な連帯感を感じている自分が不思議。アホみたい??

************************************

来年はこれが欲しい。

NOUSAKU/錫の蚊遣り

場所を変えてこれも。

うる月桃香&琉球ガラス香炉セット 水色

寝室にはこれ。

CASTRO グリーン
[PR]
by koto-coto | 2009-09-16 12:30 | つれづれ