お仕事・生活のなかで思うこと。特に欲求。実現できるように努力して、出来ないものは書くことで「できたつもり」になるブログ。


by koto-coto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日は保育園の運動会がありました。
近所の小学校の体育館をつかっての開催です。

保育園の父兄同士は、家庭によって送り・お迎えの時間が違うので、
こういう行事で久しぶりに顔をあわせる方も多いですよね。

普段はそれぞれ忙しく自分の暮らしをまわしているなかで、
子どもへのあたたかい眼差しをもってみんなが同じ時間を共有できるのは、
親としてもありがたいなぁ・・・と思います。


で。
娘はこの手の行事は得意です。
ハツラツとお遊戯をして自分も誇らしげに競技に参加できるタイプ。

反対に、息子は人前に出られないタイプ。
去年はお遊戯で先生にずーーーーっと抱っこされて、
一度も着地できませんでした。

でも♪
今年は、自力で立って、時々ジャンプして、
無表情だけど、みんなの35%くらいの振り付けで、
見ようによっては踊っているような演技ができました。
去年を知る先生には「スゴイ!がんばってましたね~」
と褒められて(笑)。
親心でも「よくやった!」と思っておりました。

でもでも。
次の親子競技が落とし穴でした。
二番手に並んでいたのですが、自分の番がきたら出口に向かって猛ダッシュ→→
連れ戻して最後に並ぶも、またまたダッシュ→→→ しかも外まで。
結局ガッツリ捕獲したまま、無理やりゴールしました。。
クラスで唯一親子競技の説明プリントを持参して、
みんなに回覧してあげたのに、一番不要でした。

でもでもでも。
そんな様子を見ていた友達から、
「足、速いね~~~」
と感心されました。
来年に期待!
[PR]
by koto-coto | 2009-10-17 22:38 | つれづれ
c0197682_10122821.jpg


酒井駒子さんの絵が好きで、
なにかと集めています。

これは福音館の「ちいさなかがくのとも」のバックナンバーです。(2008.9月)
やはり可憐なこどもの表情にうっとり。

酒井さん、雑誌などの特集で後姿とか、
ZARDのような、ちらり顔とかは拝見していたのですが、
顔を拝見したことはなかったのですよね。

で、この本に入っていたイラスト自画像。
えぇっ!と意表を突かれました( ゚Д゚)y

c0197682_10122830.jpg


なんとも言えない脱力系?で自分を描いちゃう酒井さん。
ますますファンになりました。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-14 10:12 | 絵本研究

結婚式

連休に親戚の結婚式があり、富山へ行ってきました。
この地域では、お嫁さんが自宅で仕度をし、
近所の皆さんに見守られながら家を出て行きます。

c0197682_12173990.jpg

↑ 支度が済むと座敷で仏壇にご挨拶をして、
 集まったみなさんにお披露目。
 みなさん縁側越しに写メタイム。
 その様子がなんともいい雰囲気でした。

これって、地縁があってこそですよね。
お嫁さんを見守ってきた人たちが幸せを分かち合い、
末永い幸せを願う、素敵な時間でした。

c0197682_12173999.jpg

愛犬もおめかしして皆さんをお出迎え。

c0197682_12173926.jpg

この幕が似合うのも歴史ある住まいだからこそかしら。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-12 12:17 | つれづれ
息子と2人でいるときにちょっと用事があったりして、
こそっと私が離れると・・・

まぁ、気づくと泣いちゃうんですけど、
そのときの言葉が笑っちゃいます。

ひとりぼっちになっちゃったよっ(怒)(泣)~~

「ひとりぼっち」
なんとも哀愁が漂うではないですか。。

トイレに行っただけなのに
なぜかとんでもないことをしてしまったような、
罪悪感を刺激する言葉です。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-07 14:11 | こども研究
今日、用事の帰りにパン屋さんへ寄ってきました。

とても美味しくて、パンの種類も多くて、お客さんも多くて、
だからレジのおばちゃんは百戦錬磨の大ベテラン。

レジを打ちながら店の中と厨房を見渡す厳しい目。
たまに新人アルバイトさんへ指導しているけど、
こっちがドキッとしちゃう言い回しのときもあるんです。

今日、お財布からお金を出していたら、
とっても優しい感じで指導するおばちゃんの声。
顔をあげてみると
パンを袋に詰めていたのは中学生でした!
なるほど。

職場体験なのだろうけど、
体操服にエプロンの中学生の男の子は、
お気に入りのパン屋さんに
優しい風をおこしていました。
(台風なんのその)

********************************

ところで。家の近所にはパン屋さんがありません。
商店街がすぐ近くにあるのに、
商店街にはパン屋さんがないのです。

パン好きにはこれが痛い。
あー。どなたか出店してくれませんかー?
と毎年思っているけれど、
マーケティングの結果なのか、
パン屋さんはできません。

(まぁ、ちょっと見回してみると、
そのマーケティングはあっている気もします。)

そんなわけで、自力でパンを!
と、ホームベーカリーに興味があるこの頃。

以前は丸パンとかを自分で焼いていたけど、
やっぱり時間も手間もかかるので
日常的ではないのですよね。

だから、サンタさんに頼めるなら、
ホームベーカリーが欲しいです。

ついでに。ホームベーカリー、
もうちょっとデザインを頑張って欲しいです。
結構大きな家電なのだから、
存在感が大きいのだから、
もっとおしゃれだったら・・・と思います。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-06 12:53 | モノ研究

超狭い世界のギネス記録

5歳と2歳のこども。
親に都合よく動くわけもなく、
あれして~、これして~、はやく~、と、
ついつい小言ばかりになってしまいます。

こっちも自棄になってくると、
「ジャジャーン。☆☆さんちのギネス大会!」
を開催します。(☆☆さんちってうちのことです。念のため)

これまでの開催記録。

・パジャマを何秒で着られるか
・誰がいちばんおいしそうに食べられるか
・そして、思わず食べたくなるコメントをいえるか
・誰のシャンプーソフトクリーム(@お風呂にて)が一番立派か
・誰がいちばん背中が伸びているか@食卓
・誰がいちばん楽しそうに笑えるか
・誰がいちばん「あら、かわいそうに・・・」という顔ができるか    ほか

振り返るとアホっぽくて微妙ですが、
こんなギネス大会が我が家の険悪な危機を救ってくれています(笑)。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-04 21:55 | 家を楽しむ研究

はたらくくるま

c0197682_17445391.jpg


先日、近所の工事現場(駐車場をつくる)で、
ショベルカーが自分のアームを支えにして
ダンプの荷台に自らバックして上る場面に遭遇しました。

その様子を 「すっげぇ~」

と見ていた子ども達でしたが、
ちゃんと覚えていたようです。
ミニカーで再現されていました。(緑色のやつ)

「なんで後ろ向きなの?」
と聞いたら、
「だって!こうやって、こうやって、こうやってたじゃーん!」
と、ジェスチャーで説明してくれました。

ちなみに、
前を行く2台のショベルカーのアームは、
『バーバパパの家さがし』にでてくる怪獣みたいなショベルカーの再現です。
[PR]
by koto-coto | 2009-10-02 17:44