お仕事・生活のなかで思うこと。特に欲求。実現できるように努力して、出来ないものは書くことで「できたつもり」になるブログ。


by koto-coto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

暮らしと住まいの「育ち」研究室というサイトをつくりました。

とりあえずプレオープン。

1月のオープンに向けて、コツコツとつくっています。

来年は「暮らしと住まいの育ち研究室」としての仕事の展開も考えています。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-28 12:32 | 家を楽しむ研究

イルミネーション

c0197682_165868.jpg


足利フラワーパークのイルミネーションを見に行ってきました。

年々規模が大きくなっているそうです。
藤棚に下がるイルミネーションだけでなく、
子どもが喜びそうなキャラクターやテーマ別のエリアもあり、
少々、色とりどりすぎる感(メインがたくさん)がありますが、
見ごたえは充分です。

でも。派手なイルミネーションはどこでもあるので、
藤棚だけのイルミネーションのほうがしっとりと感動したかも。

それと。
その帰り道、栃木はイチゴの産地なので、
この時期はあちこちのビニルハウスに灯りがともっています。
行灯のようなホンワカした灯りの方が、イルミネーションよりも
キレイだなぁと思ったのも事実。
エンターテイメント的なものよりも
暮らしの美しさが勝っているということか。

イルミネーションの中で、月に目が行ったのも不思議。
(写真の一番明るい点です)
[PR]
by koto-coto | 2009-12-27 16:58

サンタクロース嫌い!

サンタクロース嫌い!来てほしくない!!

と言うのは、息子です。
今日は保育園でクリスマス会があるのですが、
朝起きたときから、サンタクロースにこんな言いがかり(笑)。

サンタクロース、昨日は息子にプレゼントを持ってきてくれたのに。
しかも、そのプレゼントを喜んで、遊んでいたのに。
「ちゅーまのおうちに、チャンタ(サンタ)ちゃん来たんだよ!きっと!」
と、大発見のキラキラした目で叫んでいたのに。
なんとも現金な話です。

もしかして?と、去年の連絡帳を見返してみたら。
やっぱり、去年保育園のクリスマス会にサンタクロースがやってきて、
息子は怖くて号泣してしまっていたのでした。

まぁ、日常ではまず見ないヒゲだしね。仕方ないか。
今日は泣かずに過ごせるといいね。

***************************

そうそう。昨日↓のお手伝い塾の放映
鳩山さんの記者会見で延期になりました。
夕方のニュースでうすうすそうかな?と思ってましたが、
お陰で、親戚一同、鳩山さんの会見を見逃さず、
そして、多分いい印象を受けていません。
親バカ的な理由で(笑)。


ハタキのプレゼントは、初めは表情が固まっていましたが、
その後、ノリノリでパタパタしていました。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-25 10:23 | こども研究

はたきを準備。

先日娘と参加したお手伝い塾の様子が、
本日、NHKの首都圏ネットワーク(18:10~19:00)の中で
紹介されるそうです。

折りしも今日はクリスマス・イブ♪
放映にあわせて、娘のクリスマスプレゼントにハタキを用意してみました(笑)。

「今年のプレゼントは~~~これよっ!」
と渡したときの、娘のリアクションが楽しみです。

家事塾プロデュースのハタキを!と思ったのですが、
クリスマスに間に合わないので、色々物色し、
白木屋傳兵衛のハタキを奮発しました。
家事塾プロデュースの方がお値段は上かな?

c0197682_1672434.jpg


そうそう。最近つくづく思うこと。
「間に合わせ」のモノと付き合うことは、
自分にとっても、モノにとっても良くないことだと、
痛感しています。

これまでの反省をもとに、
特に、道具に関しては、
死ぬまで使うつもりで購入します。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-24 16:08 | 家事研究

うどんケーキ♪

明日のケーキは何がいい?

の問いに、

ちゅるちゅるうどんケーキ!!

こういう表現をよくするよね。
ちゃんと伝わったよ。息子。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-23 16:16
家事塾主催の「お手伝い塾」に参加してきました。
4~6歳の親子対象、半日コースです。

この年齢の子ども達は
お手伝いはむしろやりたい時期です。
親としては、それが嬉しい反面、
タイミングによってはその気もちが、微妙だったり。
(余計に時間がかかるし、自分の仕事もふえそうだし)


幼児対象ということもあり、
セミナーはとても工夫してあり、
子ども達も楽しみながら参加することができたようです。

「お手伝い」にまつわるよくある親子間の苦悩(笑)を
りかちゃん人形を使って再現することで、
子どもにもどんなことが問題なのかわかりやすかった!

お手伝いには2種類あること。
①子ども自身がやりたいことをやるお手伝い
②親がしてほしくて頼むお手伝い

幼児期は遊びの延長なので、ほぼ①ですね。
今後②のお手伝いをお願いしたときに、
気持ちよくやって欲しいのが親の願いです。

その第一歩として、
親以外の大人から語られる言葉は、
とてもわかりやすく、納得しやすく、
子どもの心にも伝わったようです。

思えば、自分の幼少期には同居の祖母や
親戚のおばちゃんなど、家のことを話してくれる相手は、
今よりももっと多かったことに気づきました。
そして、耳にタコの言葉も違う人から聞くと、
素直に聞けることが多かったかも。

お手伝い塾は、
もしかしたら「祖母や親戚のおばちゃん」のような
効果があるのかもしれません。

予想以上に、気づくことが多いお手伝い塾です。
多くの皆さんに参加して欲しいオススメ塾です。

c0197682_11215057.jpg

↑ 娘はこの日、フットワーク軽くいろんなお手伝いをしたがりました。
 あくまでも継続することが大切なんですが。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-15 11:25 | こども研究

大掃除の愉しみ。

大掃除の時期になりましたね。

子どもの頃を振り返ると、
意外にも大掃除は楽しい思い出だったりします。

自営業の家だったので、仕事納めが29日くらい。
だから、本当に最後の最後に大掃除をしていました。
家族総出で、必要以上にテンション高く。

実家の家族はなんと全員B型だったので(苦笑)、
エンジンが入ると、それぞれがバラバラに、
好き勝手に作業に熱中していたなぁ・・・。

私はリビング、じゃなくて、茶の間の時計や
扉のガラス、額のガラスをキレイにするのが好きでした。

そんなに汚れていないと思っても、
父親のタバコのヤニでかなり汚れていたものです。
洗剤をつけると面白いほど汚れが浮かぶのが、
何とも言えない快感でした~。
(そして、父親にはチクチクと禁煙を進言する)

で。計画性のない家族は、どこかしらやり残しちゃうんですけど。
まぁ、それは目をつぶって楽しく年越しの準備をしました。


それに。母がこれまた必要以上に張り切って、
お昼のおにぎりを用意してくれたのも思い出します。
3時にはおやつも出てたなぁ。

振り返ると、大掃除って
家族のイベントとして楽しい行事だったようです。


******************************


フロッシュ/お掃除用ギフトセット

↑ 一度使ってみたいと思いつつ、なかなか手が出ない。
 もらったら嬉しいな~♪
[PR]
by koto-coto | 2009-12-09 10:55 | 家を楽しむ研究

働いてまーちゅ♪

c0197682_12405614.jpg

ダムを造ってまーちゅ!
このご時世だけど。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-06 12:40

ママ、おでぶだよ!

この前、子どもとちょっとしたバトルを・・・。

ひどい怒り方をしたあと、反省。
今のはやりすぎた・・と泣いてる息子に謝ったら。

「わぁぁぁ~。ママはおでぶだよぉ~~~っ」
と怒られた。
絶妙な言い回しです。
[PR]
by koto-coto | 2009-12-04 13:05 | こども研究

家事塾のこと

昨年からセミナーなどを通して、
家事塾の活動に興味を持っています。

家事塾と聞いて、「えっ、家事まで塾が教えるの?」
と思った方は、大勘違い(←こんな言葉、変?)です。

家事という言葉で思いつく「掃除・料理・洗濯」などは、
家事(家のこと)のほんの一部。具体的な作業です。
その具体的な作業として現れる家事作業のバックグラウンドには、
個々人の思想があります。
思想の違いが、作業にもあらわれる。
その思想の構築こそが大切です。

家事塾のサイトに理念などがあります。
とても共感できる内容ですので、是非みてください。


家づくりも同じですね。
間取りや具体的な形は、
暮らしや家族に対する考え方を具現化したものです。
「家のこと」を考えることで
自分達にとって必要な「家のかたち」がみえてきます。

だから、これから家を持とう!という人は、
是非、展示場やモデルルームに行く前に、
自分の今の暮らしや子ども達の生活を観察してください。


***************************

今週末12/5(日)の「ソロモン流」の賢人は、
家事塾主催の辰巳渚さんです。
暮らしを考えるヒントになると思います。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
[PR]
by koto-coto | 2009-12-04 13:00 | 家事研究